ライセンスにまつわる重要事項

1度カジノの美しくも心を踊らされるようなゴージャス空間に触れてしまうと、もう他のギャンブルには目もくれないようになるのではないかと思います。

しかし、日本では法的に認められていないカジノなので、その楽しみを享受することができないのかと思いきや、疑似体験できる環境をすぐに手にすることができるのです。
それこそオンラインカジノという新しいスタイルです。

日本におけるオンラインカジノの法的な解釈

オンラインカジノとは、インターネットを使って、ネット上に公開されているカジノサイトの中で賭けて楽しむことができるギャンブルサイトのことを指しています。
賭けると言っても、実際にお金を賭けて予想が当たったり勝負に勝つことでちゃんと配当金がもらえるのですから、ただのオンライン対戦ゲームではなく本格的なギャンブルなのです。

しかし、カジノは日本では普通に考えると、法的にOKな競馬や競輪のような公営ギャンブルではありません。
そのことからオンラインカジノは違法ではないかと思われるのですが、そのようなことはありません。

この仮想的なギャンブルは法的に認められているわけではないのですが、海外のカジノサイトにアクセスして賭けるスタイルを取っているために、日本国内での賭博行為とは見られてないのです。

その一方で、オンラインカジノは法的に認める法律もないので、合法的と言えるものでもありません。
その結果、違法でもなく合法的なものでもないという中間的な位置付きあるのがオンラインカジノなのです。
言い換えれば、実質的に日本からアクセスしてギャンブルに参加しても問題にはならないということです。

但し、万が一、国内にオンラインガシノが公開されているのであれば、これは完全に違法なサイトになるので、絶対にアクセスしてギャンブルをしてはなりません。

違法でないとはいえ悪質サイトに注意

オンラインカジノを日本からアクセスして賭ける行為は違法でないことが分かりました。
これで安心してギャンブルに参加することができるようになったと思うのは早計です。

海外にあるオンラインカジノであれば、どのサイトでもいいというわけではありません。
世界中には1000サイト~2000サイトものオンラインカジノが運営されていると言われています。
これだけあると、どのサイトを選べばいいのか迷ってしまいます。

しかし、これが大きな落とし穴でこれらの中には、詐欺目的の悪質なオンラインカジノもあるのです。
手口は巧妙で会員登録や口座登録から入金手続きまで、とても簡単にできるように工夫されています。
しかし、いざゲームでベットしてプレイしようとすると、ゲームを進めることができないのです。
この時は後の祭りで完全に資金を騙し取られたことになります。

このようになると、取られた資金を取り返すことは不可能と言ってもいいでしょう。
このよう事態に陥らない為にも、悪質なサイトと優良なサイトを見極めることが大切なのです。
それはネットでカジノを運営できるライセンス取得の有無を確認することに他なりません。

歴史を紐解くとライセンスの重要性が見えてくる

元々、オンラインカジノが立ち上がるきっかけは、ライセンス発行が制度化されたことから始まります。
カリブ海にあるアンティグア・パーブーダというとても小さな国で、オンラインカジノのライセンス発行の法律が1994年に制定されました。
それからすでに20数年経っていますが、その間ライセンスを発行する国々が増えてきて、これら国から取得したオンラインカジノも多くなってきたわけです。

アンティグア・パーブーダは、イギリス連邦に加盟する国の1つで、他にライセンスを発行できる国は、何れもイギリスと縁のある国ばかりです。
その中心的な存在のイギリスも、元々はギャンブルの歴史が深く、賭ける慣習はイギリスの文化の1つであることから、これらの国のライセンスは、非常に高いステータスを持っています。

オンラインカジノがライセンスを取得するためには、とても厳しい内容で審査を受けなければなりません。
また、ライセンス取得後も、正しくカジノが運営されているか、監査を受けることが義務付けられています。
この監査で一定の基準を満たさないと、資格が失効されてしまいますので、カジノの運営者は常に徹底した管理をしていかなければなりません。
そのおかげで優良なサイトの地位を確立できるようになっています。

言い換えると、ライセンスを持たないオンラインカジノは、それだけ管理が徹底されていないサイトか、詐欺目的のサイトと判断それでも仕方ないわけです。
また、ライセンスを発行する国にも注意が必要で、特に南米系の国は審査基準が甘いために、低品質のカジノサイトが生まれてくる可能性があります。
したがって、どこの政府が発行したライセンスなのかも把握しておくことが必要となります。

信頼のおける発行国としては、イギリスの他に、ジブラルタル、マルタ、マン島があるので、これらの国のライセンスがあるかどうかを確認してから会員登録をすることをおすすめします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。