ネットカジノが違法だとするのであればどこで確定するのか

ネットカジノに関して違法だとする声があります。
法解釈を踏まえると、ネットカジノは海外のサービスであり、かつ日本人のためだけのサービスではありませんので日本ではなく、サービスを提供している国の法律の適用が妥当とされています。
確かに日本の法律ではカジノは違法ですが、そもそも論としてネットカジノは日本のサービスではないのです。
この点がネットカジノは違法ではないとする論拠なのですが、ではネットカジノが違法だとするのであれば、どこで違法だと確定するのか。
その点を探ってみるとしましょう。

法律にネットカジノとは記載されていない

法律にネットカジノとは記載されていない
大前提として、日本の法律では違法とされていますが、「ネットカジノが違法」だと断定されているのではなく、賭博やそれに類する行為が違法だと定められており、ネットカジノもその範疇だろうとの解釈から、違法とされています。
ネットカジノが賭博か否かという点に関しては特に議論の余地はないでしょう。
賭博という言葉が少々古臭く感じてしまうものの、お金を賭け、大きな利益を得るチャンスがあるかもしれない点は十分に賭博に該当するものです。

しかしネットカジノという単語そのものがありません。
元々法律は、ある程度解釈の範囲を広げるために特定ジャンルに関して記載するというよりも、ある程度解釈を広げられる言葉を用いています。
そのため、法律制定当時にはこの世に存在しなかったネットカジノも、賭博に該当するものとして扱うことができ、違法なのではないかと囁かれているのです。
これらを踏まえると、ネットカジノが日本で営業されているものであれば間違いなく違法だと断定してよいものです。

海外のサービスであるネットカジノ

海外のサービスであるネットカジノ
ネットカジノは既に多くの方がご存知のように、海外のサービスです。
海外と言っても広いので、もう少し説明を加えると、賭博・ギャンブルが違法ではなく合法の国・地域にて正規にライセンスを取得し、営業しています。
当然ですが、現地の人間がネットカジノを行っていても、法に問われることはありません。
この点こそ、ネットカジノが違法なのか合法なのか議論が分かれる部分です。

日本の法律では違法ではあっても、現地の法律では合法です。
仮にですが、実際に足を運んでのプレイであれば合法です。
カジノが合法の国へ海外旅行中してカジノを楽しんでも違法ではないのはそのためです。

しかしインターネットという空間では、どのような形で法律が解釈されるのかが意見が分かれるところでした。
法律が生まれた時、インターネットなどなかったので解釈が分かれるのも仕方ないのですが、近年ではインターネット上はサービスを提供するにあたって利用しているサーバーの設置国の法律にゆだねるケースが一般的となっています。

つまり、カジノが合法の国・地域に設置されているサーバーであれば、日本人であっても違法ではないという解釈です。

ネットカジノが違法と判断されるには?

ネットカジノが違法と判断されるには?
また、ネットカジノが違法だと判断するのは警察ではありません。
裁判所です。
そもそもネットカジノが違法か合法かで判断が分かれているのは前例がないからです。
日本の法律の世界は前例主義とも呼ばれているように、裁判所の前例に基いた判決が言い渡される傾向にあります。

しかしネットカジノには前例がありません。
実はこの点もポイントです。

ネットカジノを楽しんでいた利用者が逮捕され、検察と争うべく裁判を展開し、裁判長から違法だと判断されたその時、ネットカジノが違法だと認定されることになりますが、前例がありません。
例えば同じような事例として、かつていわゆるグレーゾーンと呼ばれる金利の問題がありました。
消費者金融の貸付金利が、賃借法と出資法で上限が異なり、その間の金利で提供していた問題です。
こちらもネットカジノ同様、違法か合法かで意見が分かれていたのですが、とある利用者が裁判を起こし、グレーゾーンとされていた、出資法の上限での貸し付けは違法だとの裁判長判断を獲得。

結果、消費者金融では出資法ではなく、金貸法の上限での出資が徹底されるようになりました。
ネットカジノも同様で、違法だと断定するのは識者や警察ではなく、裁判長です。
今後、ネットカジノに関して白黒つけたいと考える人が裁判を起こし、裁判に於いて裁判長から違法だと判断されたその時、ようやく「ネットカジノは違法」だと断言できるのです。
しかしながら裁判にはお金がかかりますので、現実的にお金を賭けてまでそこまでする人が出るとは予想しにくいです。

ネットカジノは違法ではないことが分かった

ネットカジノが違法か合法かは様々な意見がありますが、極論ではありますが決めるのは裁判長です。
裁判長が裁判にて判断するまでは違法だと断言することはできません。

もちろんこのような理屈抜きに、合法の国にて展開されているサービスであるネットカジノを、日本の法律に当てはめることそのものがナンセンスだと考えることもできます。
いずれにせよ、ネットカジノは違法ではありませんので安心して楽しんでも問題ないコンテンツです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。